校内暴力(いじめ)を行った生徒は選手選抜および大会参加を制限し、プロスポーツでは新人選手選抜の際、校内暴力(いじめ)の履歴がないことを確認する誓約書を書かせることを柱としている